引っ越し業者を選ぶ時は、まず次の4つの条件から考えましょう。

 ・距離
 ・荷物の量
 ・旧居と新居の場所
 ・料金


引っ越し業者には、大小さまざまあります。全国的に営業展開してテレビでも大々的に広告を打っている業者もあれば、低価格と「何でもやります」が売り物の小規模業者まで。

私が何回か引っ越しした経験から、「大企業=画一的、小企業=きめ細かい」ということは引っ越しには当てはまらないと思います。大事な家財を、数多く、長距離で運ぶ時ほど大手業者の方が頼りになります。

中長距離で荷物の量が多いなら、料金が多少高くついても大手の引っ越し業者を使った方が安心できます。我が家はとにかく、新生活を気持ちよくスタートすることを優先して、評判も調べて業者を選びました。


良い業者を選ぶポイント



引っ越し業者を上手に選ぶには、次の5つのことを確認するといいです。

1)国土交通省の認可を受けている
正式な免許を持っている運送業者ということは、最低限必要な条件です。これは「緑ナンバー」の車を使っていることでわかります。

もう1つ、「全日本トラック協会」に加入していて、国交省の「標準引越運送約款」を採用している会社であることも、確認しましょう。


2)料金に透明性がある
次の3つがはっきりしているかどうかがポイントです。

 運賃、実費、付帯サービス費
 
料金の見積もりをもらった時に、これらの算定基準がはっきりしていれば合格です。正式な見積書を出さないのは論外ですが、その他にも「手付金」「内金」など余分な支払いを求めるような業者は要注意です。


3)打ち合わせをていねいにしてくれる
細かな打ち合わせをしてくれるということは、トラブルを避けようとしていることの現れです

こういう業者なら、引っ越し自体を安全に、確実にしてくれると思います。


4)適切な提案をしてくれる
引っ越しにあたって、希望することやわからないことはどんどん相手に伝えましょう。その時に、適切なアドバイスや提案をしてくれるのは良い業者です。

高いプランの方が条件が良いものですが、すぐにそちらに誘導しようとしたり、便利だからといって余分な資材(梱包など)を勧めるのは、あまり良心的ではありませんね。


5)評判がいい
これは経験者に直接聞ければ一番いいですが、心当たりがなければネットの口コミでもいいでしょう。

有名業者だから安心という保証はありません。価格や条件はとりあえず一括見積もりサイトでいくつかチェックする一方で、電話対応、仕事の丁寧さなど、できるだけ評判に関する情報を集めて比較してみましょう。

  → 1分で一番安い引越しを探す!